当社では、様々な規模・構造の建物の解体工事を承っております。
一般家屋から大型建築物まで、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造などによる建物の
解体・撤去処分を行います。
また、内装解体についても実績がございます。
お客様との細かなお打合せにより、安全を最優先に考え、迅速かつ丁寧に仕事を行います。

当社にて取り扱う解体工事の種類は、以下の通りです。

1. 建物解体工事

木造建物解体

木造

主な構造物に木材を使った"木造"の建物は一般家屋の多くに見られます。
引っ越し、建て替え、土地の売却などの理由で、ご自宅や空き家となっているご実家を解体するといったケースがあります。

鉄骨造建物解体

鉄骨造(S造)

鉄の合金である鋼鉄を柱や梁などの骨組みに使用したものとなります。鋼材の厚さによって「重量鉄骨」と「軽量鉄骨」に分けられます。
戸建住宅からマンション、ビル、店舗などで使われています。

RC造建物解体工事

鉄筋コンクリート造(RC造)

コンクリートに鉄筋(鉄の棒)を埋め込んだ構造をしており、マンション、ビルなどの建築物に多く採用されています。

2. 内装解体工事

内装解体工事

内装解体工事

内装解体には、「原状回復工事」と呼ばれる店舗などをテナント契約前の状態に戻す工事や、柱や壁など建物に必要な構造体以外のものを全て解体する「スケルトン工事」などがあります。
一般住宅でも、リフォームのために全体/部分的な内装解体を行うことがあります。

3. その他の解体工事

地下ピット工事

その他の工事

上記の他に、フェンス・ブロック塀など一部の構造物のみの解体工事も承っております。 
また、排水管などのメンテナンスのため、建物の地下に空間が設けられている場合がありますが、そのような地下ピットの解体についても、実績がございます。 
対応が可能かどうかなど、ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。 

解体工事対象地域

下記の地域を対象とさせていただいております。
■兵庫県 ■大阪府  ■京都府 ■岡山県
その他の地域でご要望がございましたら、ご相談させていただきますので、ご遠慮なくお問い合わせください。

当社の解体工事のポイント

  1. 法改正に対応
    大気汚染防止法の改正により、石綿(アスベスト)飛散防止対策が強化されました。
    それに伴い、令和4年4月より、一定規模以上等の建築物等の解体工事について、
    事前調査結果の都道府県等への報告が義務付けられています。
    当社は、有資格者が調査をさせていただきますので、ご安心してお任せください。
  2. 安心・安全
    安全な作業現場の確保、無事故・効率アップに寄与する最新機械の導入により、
    解体作業の基本である安全を守っております。
    近隣への工事前説明、工事中の散水・道路掃除、周辺住民の方への気持ちの良い挨拶
    など、お客様が安心して任せられる工事を心掛けております。
  3. 適正価格
    解体工事の費用について、ご心配される方は多くいらっしゃいます。
    社員全員がコストダウンの意識を常に持ち、適正価格へ反映させるよう努力をしています。
    また、スピーディーに価格表示へ対応いたします。

「解体工事ってどのように進めるの?」「こんな時はどうするの?」
という疑問については、下記をご参照ください。
解体工事の流れへ
よくある質問へ